HP最top > top > works >
城下の街屋 

格子の工房付き住宅
■所在地   / 福島県二本松市
■敷地面積 / 304u   92坪
■延床面積 / 133u   40坪
■構造・規模/ 木造・地上2階
■設計期間 / 2008年8月〜
2009年 4月
■工事期間 / 2009年5月〜2009年11月


秋、街は提灯にゆれる。その流れに面する敷地、間口3間2尺3寸、奥行き27間での店舗併用住宅建築プロジェクトである。計画にあたり、地域を想うクライアントは街並み・景観に重きを置き、家の歴史でもある蔵を残すこととする。
 それらを街並みと歴史の中に「家族の思い」を刻むことと考え、通りから蔵までの十四間に「家族らしい、家業らしい、城下町らしい空間とは・・・」を探す。
 光や風、四季の香りのチカラをかり、時の流れや明るい明日の想いを語れる場。そして竹根通りをほんのりと照らす街燈的建築に出来れば・・・それがクライアントの意思と考えるからです。

ファサード
北側道路入り口で東西6.16m、奥行50m

格子の工房と既存石使用のエントランス
住宅玄関へは右の深い庇を通って

格子に囲まれた一面窓の工房
造作座卓テーブルは施工前建物材にて作成

階段と吹抜けから採光の住宅玄関

玄関ホールから居間・食堂・中庭をみる

食堂から居間にかけて、上部に長窓の連続とトップライトと中庭からの採光

表し梁とトップライトと長窓連続

食堂からキッチンをみる

キッチンからの見晴らし

北側中庭、廊下引き分け戸のオープンな洗面脱衣所
右側が桧板張壁の浴室

玄関上部吹抜け

手前が納戸の寝室

工房を横目に住宅のエントランス

ページtopへ
Copyright(c) 遠藤知世吉・建築設計工房 All rights reserved.